top of page
GF_Logo.jpg

VRで体験するインタラクティブアート作品

INTERACTIVE ART

VIRTUAL

REALITY

1/2

An ever-changing "Cyberspace Festival"

A shrine for lost wishes and prayers

人々の祈りを飲み込み変化するインターネット空間の祭

GF_02.jpg

​CONCEPT ー

「ググリト祭」は、サイバー空間の祭をテーマにしたVRインスタレーション作品です。 コロナ禍を機に、世界はますます仮想空間内のコミュニケーションに依存するようになりました。しかしそこには、人々の混沌とした行き場のない感情が渦巻いています。架空の世界の”ケガレ"を晴らす”ハレ”の舞台が、ググリト祭なのです。

 

作品内では、インタラクションによって変化する演出を体験することができます。自分の心に浮かんだ祈りの言葉を奉納すると、その言葉にまつわるインターネット上のイメージが神輿に集積し、儀式が始まります。言葉とイメージが織り成す「祭」は、人々の祈りや思いを飲み込みながら常に変化し、新たな祝祭空間を生み出します。また、どこか懐かしい日本画のような雰囲気と、サイバーパンクな未来感をあわせ持つグラフィックテイストも特徴です。古くて新しい、異世界感あふれる空間をお楽しみください。

"Googlit Fest" is a VR installation work, featuring a "Cyberspace Festival" as its central theme. In the wake of the global pandemic, our lives have become increasingly dependent on communication within virtual spaces. Our deepest human emotions and longings drift in the internet space, waiting to be recognized. In Japanese culture, traditional festivals of music, dance and rituals have served as a means of catharsis for its people, a cleansing of the woes of everyday life. Googlit Fest plays such a role for the grievances of the virtual world.

 

In the work, you can experience a performance that changes depending on your interaction. Type in a prayer or personal wish. Images on the internet will be called and accumulated within the Omikoshi, a traditional Japanese shrine, and music will start. The virtual celebration takes on a new shape with each contribution, giving birth to a new festive space. The graphics incorporate a futuristic cyberpunk design with the traditional aesthetic of Ukiyo-e (Japanese paintings). Wander into a mysterious immersive world where old meets new.

ー FEATURE

プレイヤーは、祭の儀式が始まる前に、祈りの言葉を入力し、奉納することができます。

​奉納された言葉をもとに、インターネット上から検索画像が集められ、儀式の演出に反映されます。

WEB用解説図.png
GF_Word.JPG

An interactive

cyberspace ritual

インタラクションで

変化する儀式

GF_03.jpg

A mystical celebration of

music and dance

音楽と踊りで神秘的な時間を

仲間と共有する

GF_Building.JPG

Japanese tradition meets

the future in VR space

古くて新しい日本的な世界観を

VR空間で体験

​DEMO ー

Mikoshi_web.png

本作品は2021年完成予定のOculus Link対応コンテンツです。

 

一般公開に向けて開発中ですが、希望者に限定で体験デモを行っております。ご希望の方はお問合せください。

CREDIT ー

Producer

Misugi Terada

​Masayuki Nakazato

Director

Kaoru Naito

Title Design

MILTZ

Title Motion

Chromory

Concept Art

Yuuri

Seiya Takezawa

(WACHAJACK)

Translation

Eri Uchikoba

Sound Producer

Jun Kosaka

 

Sound Composer

Reiji Kitazato

Sound Director

Yoshihiro Kobayashi

Yukari Suzuki

Dolby Atmos Supervisor

Toshifumi Mori

Dolby Atmos Sound Designer

Kohei Takagi

Programmer

Temper

Curly

Interaction Designer

Halne(UNIVRS)

Ryo Okazaki(UNIVRS)

3D Designer

Blake Wood

Aki Shaqs

Nguyen Dinh Vi

Arnold Dominic Villanueva

Choreographer

​RURI

©TOPPAN PRINTING CO., LTD.

SCROLL

bottom of page