実在する人物のリアルアバター開発試作

感情移入するためのアバターのデザインの方向性を検討

アバター研究開発の一環として、実在する人物のリアルなレンダリングを用いた制作手法を検討しました。 実在する人物の場合、全身の3Dスキャンからアバターを作成する手法もあります。ただし、服装や髪型などのカスタマイズ難しい、表情の変化を付けにくいなど、現時点ではまだまだ課題が多くあります。今回は、比較的低予算で制作可能なツールを利用しながら、実在する人物をカスタマイズ可能な構造でモデル化どこまで感情移入可能な再現性を出せるか検討しました。


近年ではUnreal Engineがメタヒューマンのデモを発表するなど、より実在感のあるクオリティで人間を表現できるようになってきました。引き続き、更に高難易度な表現についても技術リサーチを進めていきます。



 
Production 
2021~

Client 
TOPPAN INC.



Scroll